[准教授] 芦原 聡 ( あしはら さとし )
ashihara_pic1
生年月日:1972年11月5日
専門: 量子エレクトロニクス(超高速光学、プラズモニクス、分光計測、量子制御)
趣味: 野球(右投左打)、ラグビー(SO志望)
出身: 京都
所属学会: 米国光学会、応用物理学会、日本光学会、日本分光学会、分子科学会
受賞等: JSTさきがけ「光の創成・操作と展開」(H18-H22)、文部科学大臣表彰若手科学者賞(H21)、日本分光学会賞奨励賞(H22)
略歴: 1996 東大物理工学科卒業、1998 東大院物理工学専攻修士修了、1998–2006 東大生産技術研究所助手、2004–2006 マックスボルン研究所客員研究員、2006–2010 JSTさきがけ「光の創成・操作と展開」、2006–2010 東京農工大 特任准教授、2011–2014 東京農工大院 准教授、2014–現在 現職
ひとこと: 光科学研究を通じて多くの感動を生み出せる。そんな環境を作っていきたいと考えています。
[特任研究員] 櫻井 敦教 ( さくらい あつのり )
sakurai
研究テーマ:量子ダイナミクス、非線形分光
出身:東京
所属学会:日本物理学会、分子科学会
略歴:2008年 東工大物理学科卒業、2010年 京大化学専攻修士課程修了、2013年 京大化学専攻博士課程修了、博士(理学) 2013-2015年 ルンド大学博士研究員、2015-現在 東大生産技術研究所特任研究員
趣味:剣道弐段、柔道初段
ひとこと:2015年6月から芦原研に特任研究員として着任しました。赤外超短パルスの波形整形をもちいた振動コヒーレント制御により、化学反応を自在にコントロールする可能性に興味を持っています。芦原研の恵まれた環境の中で、おもしろく、そして深い研究を切り開いていきたいと考えています。
連絡先:asakurai_at_iis.u-tokyo.ac.jp
[博士課程1年] 森近 一貴 ( もりちか いっき )
森近プロフィール用写真
出身地:和歌山県
趣味・特技:バスケ、ダイビング、スノボー
ひとこと:「光」は日常生活でありふれた存在ですが、私達の常識からは想像もつかないような性質を示すことがあります。そういう意味で光は、研究対象として非常に面白い分野だと思います。光に興味をもった方は是非、芦原研究室を覗いてみてください。
[修士課程2年] 梶 智博 ( かじ ともひろ )
kaji
出身地:北海道
趣味・特技:スキー、映画鑑賞、サクソフォン演奏
ひとこと:芦原研究室は光学を理解し、光を制御する技術そして物性へのさまざまな応用を学ぶのに非常に適した環境にあると思います。
「光とは何か?」「光を使うとどんな面白い現象が見られるのか?」こうした関心をお持ちの方はまずはどうぞ研究室見学にお越し下さい!
必ず好奇心をくすぐられる研究に出会えるはずです!
[修士課程1年] 岡﨑 大樹 ( おかざき だいき )
okazaki
出身地:広島県
趣味・特技:ジャグリング、テニス
ひとこと:人工的に制御された光であるレーザーは日常生活のいたるところで応用されており、現在の生活に欠かすことのできない技術になっています。芦原研究室で光技術を研究し、新しい光の一面を発見したいと思っています。
[修士課程1年] 北出 修大 ( きたで しゅうた )
kitade
出身地:石川県
趣味・特技:ギター、テニス、読書
ひとこと:「光」は私たちのすぐそばにあるものですが 、うまく使ってやると通常では考えられないような特性を物質にもたらすことができます。
 「究極的に制御された光場は物質とどう相互作用するのか?」このテーマを軸に芦原研究室で新しい光物理を拓きたいと考えています。
 光、レーザーを用いた物理に興味がある人は芦原研究室へ是非見学にお越しください!
[2016年3月 博士課程修了] 草 史野 ( くさ ふみや )
kusa
博士論文タイトル:赤外共鳴ナノアンテナを利用した超短パルス増強場の生成とその非線形分光への応用

研究テーマ:プラズモニクス、光電界放出、赤外非線形分光
出身地:TOKYO
趣味:麻雀
特技:リーチ一発ツモ
ひとこと : 芦原研究室におけるプラズモニクスの研究は、僕が4年生で研究室配属された時に立ち上げられたものです。博士課程の現在に至るまで、芦原先生と二人三脚で研究を創ってきました。もちろん、うまく誘導してもらったという面もあります笑。今まさに、当初描いていた研究の目標が少しずつ形になってきています。これから、芦原研に入る人は、よりエキサイティングな研究ができると思います。是非、僕の夢を継いで、そこから新しい夢を創りだしてください笑。待ってます!

[2016年3月 修士課程修了] 竹上 明伸 ( たけがみ あきのぶ )
竹上
修士論文タイトル:金ナノロッドのアレイ構造の設計とそれを用いた表面増強赤外分光法

研究内容:金属ナノ構造を用いた赤外分光の高感度化
趣味・特技:スポーツ観戦、弓道
ひとこと : 芦原研究室では、光を使って日常生活では見えないナノレベルの現象を解明していきます。光に興味のある人、光を使って新しい現象を開拓したい人、駒場で研究をしてみませんか?ぜひ、気軽に研究室に見学に来てください!