芦原研究室では、超高速光科学(量子エレクトロニクス分野)に関する実験研究を行っています。研究キーワードは、超短パルスレーザー、超高速分光・コヒーレント制御、プラズモニクス、強電場現象です。

特に、超短パルスレーザーとプラズモニクス技術を融合して光場の性質(周波数・位相・偏光とその時空間分布)を究極的に制御する技術を開発し、その高度に制御された光を利用して、高感度に物質を識別・検出する先端的分光法の開発、および、物性を自在に制御する手法の創出を行っています。

研究を通じて、光による分子反応・固体物質相転移のコントロール、化学物質の同定法や顕微分光イメージング、さらには超高速エレクトロニクスへの応用が期待できます。

2018年度大学院入学希望者向けの研究室紹介はこちらからダウンロードして下さい。

UltrashortPulse

超短パルスの発生・制御

Waterrelaxation

物質ダイナミクスの観測・制御

Reflection_Pump_Probe

赤外プラズモニクス

study_kusa

強電場現象