More from: 論文発表

論文発表:赤外アンテナ近接場のナノスケールイメージング

SNOM

 

芦原研からThe Journal of Physical Chemistry C よりパブリッシュされた論文を紹介します。

内容は赤外金ナノアンテナへの斜入射時の近接場分布を散乱型走査近接場顕微鏡(s-SNOM)によって可視化し、ナノアンテナにおける表面プラズモンポラリトンの励起条件を物理的に定式化しています。

位相整合といった非線形光学の切り口で表面プラズモンポラリトンの励起条件を議論しているので、非常に興味深い内容となっています。

写真をクリックすると論文にアクセスできるので、是非チェックしてみてください!

Shuta Kitade


論文発表:赤外ナノアンテナを用いた反射型表面増強非線形分光

JPCC_morichikasan
芦原研からThe Journal of Physical Chemistry C よりパブリッシュされた論文を紹介します。

この論文において、分子-赤外ナノアンテナのカップリングによる表面増強非線形分光を反射型測定で実現しました。
従来の透過型測定と比べ、反射型測定は表面選択性と水による吸収の影響を抑えられるというメリットがあることから、
この成果は表面増強分光のさらなる応用に繋がります。

写真をクリックすると論文にアクセスできるので、是非チェックしてみて下さい!

Shuta Kitade


論文発表:赤外ナノアンテナのアレイ化による超高速分光の信号増強

OE_Kusasan
Optics Expressより芦原研からパブリッシュされた論文を紹介します。

この論文では、赤外ナノアンテナの双極子放射光が隣のナノアンテナの近接場励起と強め合いの干渉をするよう
アンテナをアレイ化することで、アンテナ敷き詰め構造よりも分子の線形・非線形信号を増強させることに成功しました。

この手法は少量分子・単層分子膜の構造決定や、低出力の小型光源による分子の非線形信号を捉えることに応用が期待されます。

写真をクリックすると論文にアクセスできるので、是非チェックしてみて下さい!

Shuta Kitade