More from: 講演会

新学術領域「柔らかな分子系」第 27 回 ワークショップ

20171202_sakuraisan
平成 29 年 12 月 02 日 (土)に埼玉大学において新学術領域「柔らかな分子系」第 27 回 ワークショップ「計測を支える先端的レーザー分光の最前線」が開催され、芦原研特別研究員の櫻井敦教さん(学振SPD)が「赤外ポンプ・プローブおよびFTIRで見た固体酸化物中水素の超高速ダイナミクス」という題目で講演を行いました。

Shuta Kitade


MIT化学教室の近藤徹様を迎えて講演会を開催しました.

Kondo_MIT
MIT化学教室にご所属の近藤徹様が訪問してくださいました。
セミナー講演後、実験室で談笑。

講演者: 近藤 徹 博士
所属: マサチューセッツ工科大学化学科
日時: 2016年12月26日(月) 14:00-
場所: 東京大学生産技術研究所 As棟313・314号室
タイトル:
単一分子分光で見えた光合成初期反応を制御するタンパク質ダイナミクス
講演概要:
生体タンパク質の微小構造変化と機能の相関関係を解明するため単一分子分光を用いて研究を行った。
本講演では光合成アンテナタンパク質の過剰光エネルギー散逸機能を制御するダイナミクス、及び光合成反応中心電子伝達体の極低温1分子スペクトル解析について報告する。


デンマーク工科大学のMorten Bache准教授を講師に迎えて講演会を開催しました.

Morten
講演者: Dr. Morten Bache
所属: Department of Photonics Engineering, Technical University of Denmark, Denmark
日時: 2016年3月24日(木) 14:00-
場所: 産学連携活動室(Dw404)
タイトル:
Ultrashort and broadband mid-IR pulses: challenges and solutions
講演概要:
A current challenge is generating bright, coherent and broadband mid-IR laser pulses. I will present various soliton-based techniques where the soliton can become phase-matched in the mid-IR by so-called resonant radiation (dispersive wave formation). For a negative nonlinearity soliton this occurs in bulk media (e.g. quadratic nonlinear crystals), while for a standard positive nonlinearity soliton it requires substantial waveguide dispersion. I will show experiments in lithium niobate (LN), periodically poled LN, and silicon-based CMOS compatible waveguides, all having substantial mid-IR content. Many applications also require ultrashort few-cycle laser pulses, and I will show a new mid-IR external pulse-compression technique.