TOP

光電場デザインと物質操作の科学
Spectroscopy and Quantum Control with Designed Light

超短パルスレーザーは、多数の周波数成分の重ね合わせによって実現されるパルス状の光です。 私たちはこの超短パルスレーザーを用いて、原子・分子・固体などの性質を計測・制御する手法の創出に取り組んでいます。新しい光の場を作り出すことで、これまで出来なかった超高感度計測、あるいは、これまで出来なかった物質操作を達成することが、私たちの夢です。研究を通して、新規光源のみならず、原子・分子の高感度検出、環境計測技術、化学反応・相転移の自在な制御、超高速エレクトロニクスの新原理などへの応用展開が期待されます。

Ultrafast lasers emit short optical pulses, composed of a number of different frequency components. We study novel light-matter interactions and develop advanced spectroscopy and quantum control schemes using designed laser fields. Future prospects include the applications into ultra-sensitive molecular analysis, nano-spectroscopic imaging, reaction control, and ultrafast opto-electronics.

JST戦略的創造研究推進事業CREST「革新光」領域プロジェクトを開始しました!(詳しくはこちら

News
防災訓練2021
もうすぐOPJ2021
日本分光学会年次講演会
第1回超高速光エレクトロニクス研究会
陣馬山ハイキング/Hiking Mt. Jinba
第1回Q-LEAP次世代レーザー領域シンポジウム
日本光学会年次学術講演会OPJ2021
CLEO Europe
原子・分子・光科学(AMO)討論会講演
第36回化学反応討論会講演
Recent Publications
Ultrafast Infrared Plasmonics—A Novel Platform for Spectroscopy and Quantum Control
レーザー研究:Cr:ZnSを用いた中赤外モード同期レーザーの開発
SiC表面におけるフォノンポラリトン分散の非線形シフト
中赤外共鳴SWCNTの可飽和吸収特性
Bond-breaking and adsorption of molecules at plasmonic hot-spots initiated by infrared vibrational excitation
プラズモニックアンテナを用いた固体の高次高調波発生
工学系のためのレーザー物理入門 / Introduction to Laser Physics for Engineering
波の形を整えた赤外光を用いた分子反応の操作
単層カーボンナノチューブを用いたCr:ZnS中赤外フェムト秒レーザーの実現
プラズモニック電場増強効果を用いた固体の高次高調波発生
タイトルとURLをコピーしました