大学院入学希望の方は、ぜひ研究室見学にお越しください!

研究内容 / Research

光電場デザインと物質操作の科学
Spectroscopy and Quantum Control with Designed Light

超短パルスレーザーは、多数の周波数成分の重ね合わせによって実現されるパルス状の光です。 私たちはこの超短パルスレーザーを用いて、原子・分子・固体などの性質を計測・制御する手法の創出に取り組んでいます。新しい光の場を作り出すことで、これまで出来なかった超高感度計測、あるいは、これまで出来なかった物質操作を達成することが、私たちの夢です。研究を通して、新規光源のみならず、原子・分子の高感度検出、環境計測技術、化学反応・相転移の自在な制御、超高速エレクトロニクスの新原理などへの応用展開が期待されます。

Ultrafast lasers emit short optical pulses, composed of a number of different frequency components. We study novel light-matter interactions and develop advanced spectroscopy and quantum control schemes using designed laser fields. Future prospects include the applications into ultra-sensitive molecular analysis, nano-spectroscopic imaging, reaction control, and ultrafast opto-electronics.

中赤外領域で直接フェムト秒パルスを発生する次世代レーザーの開発とその増幅・応用に取り組んでいます。

We develop femtosecond lasers which directly oscillates in the mid-infrared region and study on its amplification and applications.

赤外超短パルスレーザーとプラズモニクスを活用した、新規振動分光法・反応制御法の創出を目指しています。

We aim to establish novel vibrational spectroscopy and chemical reaction control employing mid-infrared pulsed laser and plasmonics.

赤外超短パルスレーザーを駆使して、高強度場非線形光学現象の発現とその制御に取り組んでいます。

We work on the realization and control of strong-field nonlinear optics employing optical pulses in the mid-infrared region.

研究紹介動画

タイトルとURLをコピーしました